「逃げたい」「辞めたい」しか考えられない8時間バイト

私は、もともと接客業に興味があり、お客様に「ありがとう」と言われてから、もっと頑張りたいと思っていました。以前はコンビニでバイトをしていて凄く楽しかったのですが…家の都合で、コンビニのバイトを辞めなきゃいけなくなりました。

いろいろ悩み、新しく選んだバイト先は人気の飲食店です。何度か食事に行ったこともあり、働いている方の接客が遊園地の接客みたいで、私も将来に活かせるかもと思い応募しました。

そこはとにかく「忙しいお店」で有名だったのですが、何も知らなかった私はウキウキ・ワクワクしていました。

しかし…

バイトを始めて1週間目、忙しくて右も左も分からない状態で、接客に関わる全てをしてと言われました。
「私は新人だけど、お客様には関係ない」それだけを考え、分からないことは先輩に質問する。新人らしさが目立たないように接客する。内心は冷や汗をかいてもお客様の前では常に笑顔で。
自分なりに1日8時間のバイトを精一杯頑張り、先輩に言われたのは「使えない人だね。あなた。」でした。

そして、2ヶ月が経過した頃、私はある程度慣れてきて一通りは出来るようになりました。そんな中、表では常に元気で笑顔で裏では常に走っているバイトが苦痛になり、バイトが終わっても次いつ入るか考えるだけで苦しくなり、プライベートでも頭から離れなくなりました。バイト先に頼れる人も相談できる人もおらず、悩みすぎた結果バイト中に過呼吸になり倒れてしまいました。
幸い、お客様からは見えない・聞こえない場所だったのですが…その時に言われたのは「タイムカード切っといたから」の一言だけでした。
「大丈夫?」って聞かれず、少しでも期待した自分がバカバカしくて惨めでした。その時、本気で「こんなところに居続けたら、おかしくなっちゃうかも知れない。お客様を大切にしても、従業員はどうでもいいの?」と思い更衣室で号泣しました。

それでも、もっと辛いことはあるしこれくらい耐えなきゃと思いながら1年が経過しました。
その頃になると、私より後に入った人が増えましたが、まともに教える時間すらなく、逆に新人さんに対して「これから大変なのに。知らないんだろうな。」としか思えませんでした。

8時間ぶっ通しで働き、休憩は10分すらありませんでした。トイレに行くことすら出来なかったのです。
体調が悪くても、熱が38℃あっても関係なく接客ができないのであれば…「裏で8時間洗い物をひたすらやって」と言われました。
お給料はきちんと入っていましたが、シフトの時間は操作されており休憩時間が1時間ありました。

次第に私の心が崩壊し始め、バイト中は「逃げたい」「辞めたい」だけを考える8時間になりました。
「ブラックバイト」について調べては、自分が該当する項目ばかりで驚きすらなかったです。

気がつけば、「初めまして」と挨拶した新人さんの姿を見なくなりました。10人、新しく入れば8.9人が1週間もたないそうです。その事実を知って、そんなバイト先なら辞めても良いのかもと思えてきました。
何人も雇っては「どうせ辞めるから」と直ぐに他を探していたそうです。

勇気を振り絞り、店長に辞めたいと伝えると返ってきた言葉が「あなた何をしたの?何も出来てないのに辞めるの」でした。もう、今までの辛さを思い出し涙が出てきました。

結局、辞められずダラダラと2年が経ちました。
今でも「逃げたい」「辞めたい」しか考えていません。ですが、新しく入ってきた後輩が少しでも辛い思いをして欲しくありませんし、やっぱりお客様の笑顔が好きです。
あと少しで私はバイトのリーダーになります。そしたら少しでも、後輩が楽しくバイトが出来るように店長に相談する予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です